JavaScript:setInterval(繰り返し関数)を停止する方法(clearInterval使用)

ジャバスクリプト:setInterval(繰り返し関数)停止する(clearInterval使用) JavaScriptで setInterval(function, millisecond)は一定時間(ms)ごとに関数を実行する機能です。たとえばmillisecondを1000に決めれば、1秒ごとに関数を繰り返し実行します。ちなみに0秒(最初のsetIntervalが実行される時点)では、実行されるようにするには、millisecondを0に指定する必要があります。もし1000に設定すると、0秒に何のアクションも取らずにいるが、1秒以降の実行部分を繰り返すことになります。   実行されているインターバル関数を停止するにはclearInterval([インターバル変数])を使用して停止します。外部から停止させることもあり(例1)、またはinterval内部で停止させることも可能です(例2)。   例1 var interval = setInterval(function() { console.log(“await..”) }, 500) function stop(){ console.log(“stopped”) clearInterval(interval) }   例2 var isStop = false var interval = setInterval(function() { if (!isStop) { console.log(“await..”) } else { console.log(“stopped”) clearInterval(interval) // 宣言したintervalを中停止させることがあります } }, 500) function stop() { isStop = 더보기…